1. 京都のキャバ嬢が売れる為にしているコト

京都のキャバ嬢が売れる為にしているコト

京都弁を武器に特別感を演出


京都のキャバクラで働きつつ、さらにそこで人気者になろうとすれば、それなりの工夫や戦略が必要になってくるんです。

京都という街の特徴を考えてみると、その内の1つは容易に想像できるのでは?
そうです、京都弁ですよね。

京都の方言を話せば、それだけでお客さんに癒しや特別感を与えることができるでしょう。
地元の人でも、普段の生活で女性が京都の言葉を丁寧に使っているのを耳にする機会はあまり多くはありません。
訛りくらいはあるでしょうけど、キャバ嬢はそれよりもさらに京都の言葉を大切に発することで、「やっぱり京都っていいな」と地元の人にも思ってもらうことができるんです

相手が観光客だったら、効果はさらにアップ!
「京都に来たな〜」と心から実感することができるし、もし他の女の子よりも京都弁を上手に発信できれば、次に来た時にも指名してくれるはず。
売れるキャバ嬢は、意図的にそんな戦略を立てて、普段よりも京都ならではの方言を上手に活用しつつお客様を獲得しているんですね。

しかも、そんな言葉で彼女のようなそぶりをされれば、指名し続けないわけにはいかないでしょう。
方言だけでも特別感の演出ができるのに、その上で彼女のように振る舞われたら、普通の男性ならイチコロですよ
そういう意味での特別感も出してあげれば、必ず固定客となってくれます。

人気のキャバ嬢はギャップ作りにも勤しんでいます


売れているキャバクラ嬢に共通しているのは、ギャップがあること。
天然でしているのか、それとも方言と同様に工夫したり戦略的にやっているのかは別にして、ギャップがあると男性は気にせざるを得なくなるものなんです。
もし天然でそれができないのであれば、ギャップ作りに精を出してみましょう

「純粋そうなのに、実は下ネタもいける」
こんなギャップは男性からしたらたまりません。

「一見おバカそうなのに、実は時事ネタの話題にもついていける」
こんなギャップもいいですね。

「可愛い雰囲気なのに、実は礼儀やマナーはしっかりとしている」
なんてのもいいでしょう。

こうしたギャップと彼女のようなそぶりを交えながら男の人と接すれば、さらに特別感を倍増させられて、がっちりと男心を掴むことができますよ。

京都のキャバクラに勤める女の子は、悪い言い方をすれば打算的
売れるためにこうしたキャラ作りとかをしっかりとしていて、だからこそ京都という激戦区で戦い抜ける上に、たくさんの収入を得ることができているんです。

自分だけの特徴や個性を出しつつ、こうしたやり方も参考にしながら、京都で勝ち抜く術を身につけてみましょう。